急激な市場成熟と技術革新に見舞われる日本の産業界。当たり前のことを当たり前にこなす普通の人材だけでは成果が上がらぬ時代になってきた。「突出した営業・開発能力を持ち、AIやIoTなど次世代技術を自在に使いこなす」──。これからの時代、会社を成長させるには、そんな天才社員の力が不可欠だ。彼らの共通項は、天才であるがゆえ、考え方や行動様式が少し変わっていること。規律や集団行動、同調性を重んじる日本企業の風土になじめない人材も少なくない。どうすれば彼らを味方にできるのか。“天才社員”のなつかせ方を先進企業に学ぶ。