東日本大震災から5年を迎え、復興予算が今年度で期限を迎える被災地。いよいよ「自立」を求められるものの、およそ楽観できる状況にはない。だが、復興の最前線では、新たな主役も生まれつつある。会社を潰した元経営者たちと、「頼りない」と言われてきた若い世代だ。時には「負け組」と呼ばれた者たちが、現地のムードを変え始めた。そこには、日本の地方全体を創生するためのヒントもちりばめられている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5023文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。