経営指標や各種ランキングは、志望企業を選ぶうえで客観的な判断材料となる。業界対策は人気が高い広告会社を選んだ。