違法な長時間労働、賃金不払い、パワハラ…。いまだに絶えないブラック企業。そうとは知らずに入社してしまうと、取り返しのつかない事態に陥るかもしれない。ブラック企業に近づかないために、独特の“ニオイ”をかぎ分けよう。

社員の過労自殺が社会問題化した電通(写真=共同通信)

 過重労働により新入社員が自殺した事件を受けて、労働環境への関心がかつてなく高まっている。連合のシンクタンク「連合総合生活開発研究所」が2016年10月に発表した報告書では、「自分の勤務先がブラック企業だと思う」と回答した人は24.6%に達し、3年前より7.4ポイント上昇した。

 この質問で定義されたブラック企業とは「違法または悪質な労働条件で働かせ、違法な長時間労働、残業未払い、パワーハラスメント、極端に離職率が高いなどの特徴がある企業」だ。労働問題に詳しい専門家に取材しても、おおむねこうした状態をブラック企業と呼ぶことが多い。

続きを読む 2/3 給料が高すぎる場合は要注意

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2544文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。