1971年、ニクソンショックを機に「円切り上げ」が現実のものとなる。当時の基幹産業だった造船や繊維は大変革を余儀なくされた。日本経済に今も続く「円高恐怖症」は、ここから始まった。

1971年12月中旬、日本の大蔵大臣、水田三喜男はワシントンで米国の財務長官、ジョン・コナリーと数度にわたって向かい合っていた。

 会談の場は世界最大級の博物館を管理するスミソニアン協会本部。ロマネスク様式とゴシック様式を組み合わせた建物は、その重厚さから「キャッスル(城)」と呼ばれ、荘厳な雰囲気が辺りを圧していた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4959文字 / 全文5259文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/