海運市況が低迷する中で、日本の海運3社によるコンテナ船事業の統合を決断した。各社の強みを持ち寄り、コスト削減を進めて、収益の改善を狙う。ITを活用した安全運航支援技術などを開発し、サービスも進化させる。