病院や薬局に薬を届ける医療用医薬品卸大手。東日本大震災時も供給責任を果たしてきた。M&Aを繰り返し、今や47都道府県をカバーし、売上高は3兆円に膨らんだ。薬価政策に左右されにくい収益構造を目指し、新規事業創出に動く。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=的野 弘路)
PROFILE
[わたなべ・しゅういち]1952年兵庫県生まれ。75年法政大学法学部卒業。三菱重工業を経て、79年クラヤ薬品(現メディパルホールディングス)入社。クラヤ薬品創業者の熊倉芳次郎氏は義父に当たる。2004年メディセオホールディングス(同)取締役、11年メディパルホールディングス副社長、12年4月から現職。

流通を持つ強みをベンチャー投資に生かす。
トップが律すれば、社員にも思いは伝わる。

 問 現在のメディパルホールディングスに至るまで、かなりの数の会社を子会社化してきました。一体、どれくらいの会社が一緒になったんですか。

 答 小規模のM&A(合併・買収)も含めると、24社ですかね。三星堂、クラヤ薬品、東京医薬品の医薬品卸3社が合併して今のメディパルホールディングスの原型ができたのが2000年。それ以降ですね。

 問 そんなにですか。なぜ、急速に規模を大きくしてきたのですか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4069文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。