かつて粉飾事件に沈んだカネボウを産業再生機構で再建した。独フォルクスワーゲンや東芝の不祥事をどうみるのか。日本企業の共同体至上主義に問題があると喝破する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4551文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。