「金融処分庁」と揶揄されてきた強硬路線を大幅に修正しようと取り組む。対話を重視、外部からの批判を受け止め、金融庁の機能向上につなげる。監督官庁が率先して変わり、金融界の変革を促したいと語る。