日本の電子部品メーカーのなかでいち早く売上高2兆円の大台を目指す。成長のエンジンとなるのは通信と車載分野。「アメーバ経営」を守りながら、新たな攻めの体制を構築する。