「アクセシブルラグジュアリー」というコンセプトで、日本でもヒットしたバッグブランド「コーチ」。ルイス氏は業績不振からの脱却を託され、2年半前にトップに就いた。歴史あるブランドの刷新を軌道に乗せる要諦は何かを聞いた。

(聞き手は 本誌編集長 飯田 展久)

(写真=的野 弘路)
(写真=的野 弘路)
PROFILE
[Victor Luis]1966年、ポルトガル生まれ。米ホリークロス大学政治学文学士号、英ダラム大学国際経済学文学修士号取得。1995~2002年LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ(東京)に勤務し、2000~02年はジバンシィ・ジャポンのプレジデント兼CEOを務める。コーチ・ジャパン社長兼CEOや米コーチの中国・日本地区プレジデント兼CEOなどを経て、2014年1月、米コーチのCEOに就任。長い日本駐在経験を通し、流暢に日本語を話す。

ブランドを刷新するには、エネルギーも時間もかかる。
だからこそリーダーは、伝え続けなくてはならない。

 問 2016年6月通期の連結決算をこのほど発表しました。

 答 売上高は前の期比で7%増の44億9000万ドル、営業利益は同6%増の6億5400万ドル、純利益は同14%増の4億6100万ドルでした。

 我々は過去2年間、膨大なコストをかけて、コーチを刷新すべく改革を進めてきました。こうした取り組みの効果が業績に出始めているのでしょう。結果には、とても満足しています。

 問 2014、15年度は苦戦していました。2016年度の業績を見る限り、ピーク時の2013年度には及ばないものの、少し好転したようです。どのような改革を実践したのでしょうか。

 答 私は2014年1月、CEO(最高経営責任者)に就任し、コーチというブランド、そしてコーチという会社の変革を実践してきました。コーチは今年75周年を迎えますが、過去の歴史は変革の歩みでした。この変遷について、簡単に説明しましょう。

 創業当時のコーチは、レザーバッグのブランドでした。極めてシンプルな裏地のないレザーバッグを製造していたのです。当時、日本人はニューヨークを訪れると、こぞってコーチのバッグを買っていました。そこで1988年、三越横浜店に日本1号店を出しました。

続きを読む 2/4 「手の届く高級品」で急成長

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4665文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。