設立30周年という節目を迎える日本オラクル。増収増益で足元は好調だが、杉原社長は現状維持では生き残れないとの危機感を抱く。業務ソフトの巨人は、どのような変革を目指すのか。