前期は25%の営業増益を達成するなど好業績を維持している。だが全面的にスマホの時代になった今、収益源の先細りも懸念される。顧客基盤を生かし、生活全般をサポートする企業を目指す考えだ。