停滞に苦しむ化粧品業界の盟主のかじ取りを託されて1年。顧客目線に立ち、ブランドのテコ入れや販促・開発の強化に向け積極投資を進める。マーケティングのプロフェッショナルが見据える老舗復活の方程式とは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4671文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。