東京ディズニーリゾートの2020年度までの投資計画を発表した。「美女と野獣」エリアなど大型投資に乗り出し、施設の鮮度と収容能力を高める。人口減や景気など懸念もあるが、入園頻度を高めて成長を続ける。