東京ディズニーリゾートの2020年度までの投資計画を発表した。「美女と野獣」エリアなど大型投資に乗り出し、施設の鮮度と収容能力を高める。人口減や景気など懸念もあるが、入園頻度を高めて成長を続ける。

(聞き手は 本誌編集長 飯田 展久)

(写真=竹井 俊晴)
(写真=竹井 俊晴)
PROFILE
[うえにし・きょういちろう]1958年、東京都生まれ。80年3月に中央大学文学部卒業、同年4月オリエンタルランド入社。以来、総務部、スポンサー業務部を経て、2003年取締役総務部長。取締役執行役員経営戦略本部長などを経て、2009年4月より現職。

値上げに見合った、施設の価値と顧客の期待がある。
ご夫婦や奥様同士、シニアの方に楽しみ方を提案。

 問 東京ディズニーリゾートの2020年度までの開発計画を4月に発表しました。どのような内容ですか。

続きを読む 2/4 待ち時間が長くなった

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4594文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。