世界最大級の投資ファンドを率い、企業再生を数多く手がける。米経済界の重鎮として、トランプ政権はまだ模索中で安定するまで時間がかかると見る。日本での投資を積極化させるが、日本人は起業家精神をもっと持つべきだと訴える。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=陶山 勉)
PROFILE
[David M. Rubenstein]1949年、米ボルティモア生まれ。70年デューク大学卒、73年シカゴ大学ロースクール修了。首都ワシントンの法律事務所などでの弁護士経験を経て、77年から81年まで米カーター政権で国内政策担当の大統領副補佐官を務める。87年に共同でカーライル・グループを創業。米政財界に幅広い人脈を持っており、知日家としても知られる。

東芝の半導体は投資リスクが大きすぎる。
サイクルの頂点で買収すると将来後悔しかねない。

 問 世界最大級の投資ファンドを率いる立場から、グローバル経済の先行きをどう見ていますか。

 答 現在の世界経済はとてもリーズナブルな状態にあります。2017年は世界全体での成長率は4%程度と見ています。国や地域別では、米国は2.5%、日本は2%強、中国は6.5%、欧州は2%程度、そしてインドは7%の経済成長を遂げるのではないでしょうか。

 もちろん地政学的リスクなど十分に予見できない要素はあります。世界中のどこかで戦争やテロ、そして感染症のパンデミック(世界的大流行)が起きる危険性がある。こうした不確定な問題が起きなければ、先ほどの予測は実現できるでしょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3941文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。