2011年の巨額の損失隠し発覚後に社長に就任。経営再建にまい進してきた。医療分野を中心に業績は回復したものの、信頼回復はまだ道半ばと言う。失敗を胸に刻み、今後も高成長を目指す。