文化庁の京都への移転で、日本文化の国内外への発信は力強くなると見る。観光客増加を歓迎するものの、観光業の非正規雇用比率の高さを懸念する。富裕層向け観光サービスの充実が課題解決のカギと説く。