文化庁の京都への移転で、日本文化の国内外への発信は力強くなると見る。観光客増加を歓迎するものの、観光業の非正規雇用比率の高さを懸念する。富裕層向け観光サービスの充実が課題解決のカギと説く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4525文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。