サイバー攻撃の手法が進化し、企業のトップが新たな「脆弱性」になった。セキュリティーへの過信を戒め、多層防御に取り組むべきだと説く。世界を変えるのではなく、守るのが使命だと語る。