資源価格の低迷を受けて、2016年3月期に財閥解体後、初の赤字に転落する。巨額減損を計上するが、市況悪化が原因で当時の責任者を罰するのはフェアではないと言う。逆境を好機に会社をリセットし、攻めの姿勢は崩さない。