ローソン会長からサントリーに転じて3年半。買収した米ビーム社との統合作業などグローバル経営で力を発揮してきた。日本有数のオーナー企業で「プロ経営者」として闘う覚悟を語った。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=北山 宏一)
(写真=北山 宏一)
PROFILE
[にいなみ・たけし]1959年生まれ。81年慶応義塾大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。米ハーバード大学経営大学院でMBA(経営学修士)を取得。2002年にローソンの社長に就任し、新規事業の立ち上げなどで業績を改善。サントリーホールディングス顧問を経て、14年10月から現職。内閣府経済財政諮問会議の議員なども務める。神奈川県出身。

 問 2017年6月に酒税法が改正され価格が上がったこともあり、お酒の需要はあまり盛り上がっていないといわれます。足元の事業環境はどうですか。

 答 昨年、手ごたえを感じたのは、面白い商品を出すと反応してくれるということです。マクロ的に考えると、人口が減って、胃袋は縮みます。でもマクロ状況にだまされてはいけない。リニューアルしたビールの『ザ・プレミアム・モルツ』は飲食店における1人当たり消費杯数が増えています。『ジムビームハイボール』も驚くくらい売れました。やっぱりメーカーが商品開発をサボってはいけませんね。

 そのためには開発と人に対する投資が必要です。今年はもっと人にお金を使います。デジタルエコノミーが出てきていて、こうした変化を面白いと思う人材に投資をします。いま米国のビームサントリー社に約30人を出して、トレーニングを受けたり、スタッフとして働いたりしています。彼らが異なる価値観を持って帰ってきて、面白い商品を作ってくれるだろうと期待しています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3906文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。