「眠れる獅子」ともいわれたライオンの業績が今期、4期連続の営業最高益を見込む。安売りが染みついた企業体質から脱却。高付加価値路線で理念と業績の二兎を追う。組織には体力と筋力がつき、「もうすぐほえる」ところにまで来た。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4757文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。