阪急阪神百貨店を中軸にして、主に関西で事業展開する、エイチ・ツー・オーリテイリング。昨秋以降、そごう・西武からの3店舗取得や関西スーパーへの出資を相次ぎ発表した。脱・百貨店依存を掲げ、業界再編の台風の目になりつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1660文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2017年2月13日号 76~79ページより目次

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。