最終回は試作・金型製造のアーク。かつてM&Aを繰り返して脚光を浴びた。だが膨らんだ子会社を統治しきれず、官民ファンドの支援を受けることに。2011年に経営を託された鈴木康夫社長が再建の軌跡を語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6450文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題