2008年、三越と伊勢丹は経営統合を果たした。文化の異なる2社の統合作業はなぜスムーズに進んだのか。管理職の交流だけではなく、現場の融合が統合の要であると説く。