2008年、三越と伊勢丹は経営統合を果たした。文化の異なる2社の統合作業はなぜスムーズに進んだのか。管理職の交流だけではなく、現場の融合が統合の要であると説く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5484文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題