閉塞感が漂う日本でも、新たなビジネスを創造する起業家たちが確かに存在する。「できるはずがない」という常識を、どのような発想と情熱で乗り越えてきたのか。新連載の初回は腕時計市場の寵児、Knotの遠藤弘満氏が自らの軌跡を語る。