コネクター一筋で利益率が安定的に20%を超す高収益企業。顧客の厳しい要求に素早く対応する「すぐやる文化」で、価格競争に陥らない製品を生み出してきた。もっとも圧倒的なシェアを誇るスマホ向けは市場が成熟。次の収益の柱に位置づける自動車向けに活路を見いだす。

<span class="fontBold">小型・薄型のコネクター開発に強みを持つヒロセ電機の製品群。スマホや自動車向けなど全部で4万種類のコネクターを開発している</span>
小型・薄型のコネクター開発に強みを持つヒロセ電機の製品群。スマホや自動車向けなど全部で4万種類のコネクターを開発している

 横浜市都筑区の整備された住宅街の一角にあるヒロセ電機の開発拠点「横浜センター」。そのビルの5階に同社の命運を握る“秘密部隊”がある。

 「ASP室」。自動車分野での戦略商品を意味するオートモーティブ・ストラテジック・プロダクトの英語の頭文字を取ったこの部署では自動車向けコネクターの先行開発が進む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6102文字 / 全文6427文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。