顧客一人ひとりの趣味に徹底して対応したバス旅行で、シニアの心をつかみ、業績は堅調だ。インターネットの予約や販売が増える旅行市場で、添乗員によるサービスを極めたツアーで勝負する。旅行にとどまらず、介護、家事代行、そして認知症予防の研究まで、将来を見据えた種まきも怠りない。

富士山の裾野を歩くバスツアー
山歩きに詳しい講師と添乗員が同行し、初心者でも安心して参加できる行程にしている。全17回シリーズで、全部参加すれば富士山の裾野を一周できる
(写真=陶山 勉)

 8月の平日。東京・上野を朝7時に出発したバスが、ツアー客40人を乗せて、静岡県・御殿場へと向かっていく。この日のツアーは「富士山すそ野ぐるり一周ウォーク」。参加者は、アウトドア用のカラフルなリュックを持ち、バスの中の会話も弾む。ウオーキングのツアーを専門にしているという添乗員は、先日登った山で見た高山植物について、参加者に語りかけていた。

 「このツアーの良いところは、神社や植物などについて歩きながら丁寧に説明してくれるところ。飽きないし、面白い」。参加した女性は笑顔で話す。

 このツアーは、富士山の裾野を17回に分けて歩くもので、今回は第5回でほぼ全員がリピーターだ。日帰りで1万1800円と決して安くはない。だが、添乗員のほか、富士山に精通して山岳ガイドの資格を持つ講師が同行。参加者に丁寧に説明する。地元の食堂に手配した昼食や歩いた後の入浴も、魅力となっている。

30以上のテーマで旅行を企画

 このツアーを企画して販売するのは、大手旅行会社クラブツーリズム(東京都新宿区)。近畿日本ツーリストをグループ会社に抱えるKNT-CTホールディングス(HD)の事業会社だ。

業界への打撃をはねのけ収益を確保
●クラブツーリズムの業績の推移

 2015年度の売上高は1627億6900万円、営業利益は48億8000万円。旅行取扱額は約1714億円(観光庁調べ)で、うち約7割が国内旅行、3割が海外旅行だ。KNT-CTHDの稼ぎ頭でもある。取扱額は14位だが、他社にはない特色を持つ。それが、旅行ごとに明確なテーマを持たせている点だ。テーマ旅行とは、クラブツーリズムの定義によれば、行き先自体が目的なのではなく、何をするのが目的なのかを明確にした旅行を指す。

 例えば山登りや城めぐり、写真、高山植物の観賞、鉄道、美術館など、30以上のテーマの旅行を用意している。「GENE(遺伝子)ツーリズム」という名前で、人類の歴史を知るための遺跡をめぐる旅もある。内容によっては同じ趣味でも、初心者から上級者までレベルが分かれている。

 このほか、女性や1人客、70歳以上など、属性によって参加を限定している旅行や富裕層向けの高額旅行もある。一人旅は数年前からブームとなっているが、クラブツーリズムでは1990年代からその必要性を感じて、旅行の企画を試行錯誤してきた。

 バス旅行の種類が多く、年間のべ250万人が参加。1日平均300台と業界のトップを誇るのも特徴の一つだ。