業績低迷にあえいでいた老舗の家電量販店が、14期ぶりに黒字化を果たした。復活の原動力は、50年前から地道に取り組んできた免税品の販売だった。中国企業の傘下入りを機に変化するスピードを上げ、移り気な訪日客を取り込んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5453文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。