アイデア商品で日用品・医薬品市場で独特の存在感を放つ小林製薬。2期連続で過去最高の営業利益を見込むが、実のところ、この10年は以前のような息の長いヒット商品が出ていない。社員のアイデア創出力を磨き、これと決めた新商品を徹底的に育てる手法で「脱・一発屋」を目指す。

新製品のアイデアを持ち寄り、一番いい案をブラッシュアップしていく。小林章浩社長(右中)も参加(写真=行友 重治)

 もっと使いやすい容器にしたらどうだろう」「たっぷり使えるのがいいかもしれないですね」──。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5290文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。