トレードマークの白い髪と、かっぷくのいい体格。最新の経営論から詳細な技術論まで幅広い話題を取り上げて、若い学生を飽きさせない。ドイツの首都ベルリン南西部に位置するポツダム大学で、72歳になった今もエネルギッシュに教壇に立つ名物教授がいる。

 ハッソ・プラットナー氏。SAPの共同創業者である。

 同氏は技術者として、SAPの基幹製品であるERPソフトの開発を創業時から主導し続けた。1997年から2003年までは会長兼CEO。現在は取締役会議長としてSAPの経営を監督している。

 そのカリスマ性から、プラットナー氏は現在も社内外で高い人気を誇る。SAPが毎年、ユーザーなどを招待して開く大型イベント「SAPPHIRE NOW(サファイア・ナウ)」は、同氏の基調講演見たさに参加する人も少なくない。アンゲラ・メルケル首相からの信頼も厚く、独政府が推進するインダストリー4.0構想について相談にあずかっているという。

 プラットナー氏は1998年、個人資産を寄付し、ポツダム大学内に教育機関「ハッソ・プラットナー・インスティテュート」を設立した。ITを研究対象とする4年制の大学課程と2年制の大学院修士課程を提供している。

 この教育機関でプラットナー氏が自ら始めた研究が、2000年代に危機に陥ったSAPを再生させた。

続きを読む 2/6 クラウド対応に後れ

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5494文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。