成田国際空港に3本目の滑走路を建設する計画が浮上している。国費投入が有力視され、悲願の株式上場はメドが立たなくなりつつある。経営の自由度が高められないようでは、アジアの空港間競争から取り残されかねない。