“爆買い”とも言える矢継ぎ早の買収戦略で急拡大してきたレノボ・グループ。だが、パソコン市場の成熟やモバイル分野の競合激化により戦略転換が迫られている。会長兼CEO(最高経営責任者)、ヤン・イェンチン(楊元慶)氏が手掛ける2大改革の全貌が見えてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り172文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年7月13日号 54ページより目次

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。