旅行業界のガリバーJTBが、ネット販売などの攻勢を受けて、変革を迫られている。700店弱ある店舗網を再構築するほか、シニア移住の支援など旅行以外の事業育成も急ぐ。従業員3万人という巨大な組織の風土を変えるのが最も難しく、「大企業病」に悩む多くの企業にとって示唆がある。

(写真=陶山 勉)

 3月下旬、入社10年目で人事関連の部署で働く竹澤尚子さんは4月1日の異動を命じられた。異動先は「外商部」。竹澤さんはどんな仕事なのか想像できなかった。

 無理もない。JTBが4月に実施した大規模な組織再編の一環として生まれた部署だからだ。「まさか、いきなりこのような仕事をすることになるとは思わなかった」と竹澤さんは振り返る。