通信キャリアや国を巻き込んでMVNO市場を切り開いてきた老舗が生まれ変わる。一般消費者向けに格安スマホ市場をけん引してきたが、今後は法人向けに経営のかじを切る。 MVNOの先駆者としての役割は終わり、企業としての底力が試される局面に立つ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5869文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。