クルマの位置測定に欠かせない高精度地図を作る「自動運転銘柄」として注目を集める。全国の高速道路で計測車両を走らせ、2020年までに自動運転用の地図完成を目指す。 地図の老舗に降って湧いたチャンス。地図の売り切りモデルを転換できるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5159文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。