関東一円でLPガス事業を手がける。一部地域では都市ガスも展開し、縮小する業界で成長してきた。都市ガスの自由化を機に、東京ガスの牙城に攻勢をかける。東電と組み新事業の展開も構想する。いち早く、あらゆる基幹業務のクラウド化に踏み切った。この強みを新事業にも生かす。

<b>商店街の通行人に、ガス自由化とニチガスの安さを地道にアピールする</b>(写真=竹井 俊晴)
商店街の通行人に、ガス自由化とニチガスの安さを地道にアピールする(写真=竹井 俊晴)

 「ガス自由化が始まりました。ニチガスをよろしくお願いします」

 4月下旬、東京・JR中央線の高円寺駅前の商店街では、貸店舗を臨時拠点にした日本瓦斯(ニチガス)の社員がチラシの束を手にこう声を張り上げていた。東京ガスの請求書を持ち込めば、どれほどガス代が安くなるのかがその場で分かり、契約できるとアピールする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5558文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。