長い冬の時代からようやくヤマハが立ち直ろうとしている。 少子高齢化が進み、「楽器を出せば売れる」時代はとうに終わった。 新興国向けや新規ビジネスで「音のヤマハ」へ自らを刷新する。