業界の盟主セブン&アイのカリスマ経営者が退任し、ファミリーマートは統合で2位に浮上する。規模で3位に転落するローソンは、抜本的な事業の「作り直し」に生き残りをかける。 加盟店の業務を肩代わりする「セミオート発注システム」で、新たなコンビニ像を模索する。