損害保険最大手の東京海上ホールディングスが成長に向けた施策を相次ぎ打ち出している。 国内市場は人口減少の影響で縮小が予想され、創業130年以上の“ガリバー”も変革を迫られる。 総額1兆5000億円を超す海外M&A(合併・買収)や生命保険事業の強化で祖業の殻を破る。