損害保険最大手の東京海上ホールディングスが成長に向けた施策を相次ぎ打ち出している。 国内市場は人口減少の影響で縮小が予想され、創業130年以上の“ガリバー”も変革を迫られる。 総額1兆5000億円を超す海外M&A(合併・買収)や生命保険事業の強化で祖業の殻を破る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5128文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。