主力の洋紙市場が縮小する中、事業構造の変革を加速させている。培ってきたパルプ加工の技術を生かして「総合バイオマス企業」への脱皮を目指す。とりわけ力を注ぐのは軽量・高強度で用途も幅広い「CNF(セルロースナノファイバー)」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2876文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2017年4月10日号 48~52ページより目次

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。