不振続きのアパレル業界にあって、非上場ながらSPA(製造小売り)を軸に急成長を遂げた。「第2のユニクロ」と目されてきたが、目指すビジネスモデルはそこから大きく離れつつある。独り善がりな“こだわり”を捨て、ビジネスモデルの自己破壊を続けるその経営姿勢は様々な示唆に富む。