2期連続で営業減益に沈んだしまむらが、浮上のチャンスをつかみ始めている。もともと効率経営に定評があったが、1300店超の規模となり歯車が狂っていた。不良在庫をためないように仕組みを作り直し、グループ3000店の目標に向け布石を打つ。