トヨタ自動車グループの部品と機械メーカー2社が2006年に合併して誕生。主力事業のステアリングとベアリング、工作機械でシナジーを発揮し始めた。自動運転とIoTで、合併によって寄せ集めた技術の“合わせ技”が生まれる時代が訪れている。