2014年から動き出したトヨタ自動車のグループ企業再編。その中心がアイシン精機だ。傘下の企業にまたがる事業を整理統合し、世界で戦える体制にしようとしている。トヨタの前副社長をトップとして迎え、1万点以上を手掛ける「部品のデパート」が変わり始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5252文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。