運輸という社名にもかかわらず、鉄鋼や食品の製造請負で業績を伸ばす異色企業。次の成長を託すのが、空港や医療のサービス請負事業で、物流会社としてのノウハウも生かす。利益が出にくい状況の物流業界にあって、新たな事業モデルで一つの方向性を示す。