アリババに次ぐ中国ネット通販2位の位置を占める。無人店舗やドローン、無人倉庫など、物流や小売りの新技術にも巨額の資金を投じる。狙うのは「ネット」と「リアル」を融合させた新しい小売りサービスの確立だ。

 米アマゾン・ドット・コムが米シアトルでレジのないコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」を開き、世界の耳目を集めたのは1月22日のこと。そのおよそ3週間前に、中国ではスーパーマーケットの無人店舗が誕生していた。オープンさせたのは、中国のネット通販2位の京東集団(ジンドン)だ。

山東省煙台市に設けた「無人スーパー」。2018年中に500店超に増やす計画だ
中国ネット通販2位
●京東集団(ジンドン)とは
北京市に本社を置く中国ネット通販2位。1998年に劉強東CEO(最高経営責任者)が電子機器市場内の光ディスク販売店として創業。2004年にEC(電子商取引)に事業を切り替えた。14年に米ナスダック市場に上場。16年12月期の売上高は約2600億元(約4兆5000億円)。

 その無人店舗は首都・北京から飛行機で1時間半ほどの距離にある山東省煙台市にあった。

 入り口にそびえるのはゲート。来店客はまず、そこにスマートフォン(スマホ)のアプリに表示された2次元コードをかざす。すると、前方に置かれたディスプレーにこの来店客の顔が映し出される。これで個人認証は終了、ゲートの扉がパタンと開く。