消費者の「外食離れ」が続く中、しぶとく業績を伸ばしている。 日本企業ならではのメニュー開発と品質管理に地道に取り組む。 FCオーナーの高齢化などの課題克服には、組織の対応力が問われる。