12月16日、東京都知事の小池百合子は、2020年の東京五輪・パラリンピックの会場見直しを断念し、すべて当初案通りに建設することを表明した。東京都は競技会場のうちボート・カヌー(スプリント)会場と水泳会場、バレーボール会場の建設を担当している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1529文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題