11月29日、東京五輪・パラリンピックの会場見直しに関する4者協議が開催され、ボート・カヌー(スプリント)競技は海の森水上競技場に決定した。日本ボート協会の相浦信行事務局長は、「協会とアスリートにとって一番いい結果になった」と言い、胸をなでおろした。